FC2ブログ

優勝報告

こんにちは。
奈良県プラスチック成型協同組合のホームページにようこそ。
専務理事の西岡です。

第287回の組合コンペ(NPG)は、2~3日前までは雨の予想でしたが、天気男が予想を覆し、すがすがしい気候の中で開催させていただきました。今回は、少し参加者が少ないのが残念でしたが、その中で、西岡が優勝させていただきました。スコアは、自慢できるものではありませんが、ハンデに恵まれたのと、コース(グランデージ)レートを考慮するとまあまあでしょう。次回もがんばります。
今日は、当組合の初代理事長のお別れの会が開催されます。西岡も参加させていただきます。ちょうど、西岡がゴルフを始めたころは、ブームになっていました。故人は、技術協会会長の立場で、時間の調整のつくときには、我々職場のゴルフ部コンペにも参加してくださいました。中には、一泊での遠征もあり、自宅にお迎えして、同行頂き、お世話になったことを思い出しました。多分、中国道沿いのゴルフ場であったと思います。確か、そのときも、西岡が優勝させていただきました。
この二つの優勝報告は何かの縁かと思っています。
謹んで、ご冥福をお祈り申し上げます。
スポンサーサイト



休日の午後


こんにちは。
奈良県プラスチック成型協同組合のホームページにようこそ。
専務理事の西岡です。

土曜日は、組合の総会が午後から大阪難波であり、無事終了させていただきました。ご協力ありがとうございました。今週は、第287回の組合コンペを控えていますが、どうも天気予報が芳しくありません。少し早く家を出て、レインウェアーを求めてデパートを探索しました。カラフルなのもありましたが、いまいち気に入ったのがなかったのと、懇親会の後で、荷物が増えるのもいかがと思い、また、古いのも使えないこともないし、最近は雨にあったことも少ないし、何とかなるだろうと、結局は購入を断念して店を出ました。
日曜日も目覚めは快適でした。いい天気の休日で、午前中に畑仕事が終了した午後は休養にあてています。買い物もいいですが、早々に帰宅しての得意のデーゲームのテレビ観戦も楽しみです。ところで、先に点を取られてはぼろぼろの午後にしてくれるあのピッチャーはまたまたやらかしましたので、今日も休養はお預けです。四球が発端となり、エラー、ヒット、ヒット・・・。解説者の論を借りれば、ただでさえ真ん中に抛れば自然に変化して打ちにくいのに、なぜコーナーばかりを狙ってボールにするのかわからないということでしょうか。自分で自分の投球に自信を持たねば、永遠に繰り返します。真ん中以外は投げない。この精神が必要なのでは。スポーツは失敗の方が多いんです。その時の挽回は、自信です。これがあれば大丈夫です。休日で、ゆっくり休養できた日、最近はどう思い出しても出てきません。休日には休養になる試合をしてほしいです。

夕刻には、天気予報がやや変わってきました。

火と水


こんにちは。
奈良県プラスチック成型協同組合のホームページにようこそ。
専務理事の西岡です。

からっとした晴天の週末は畑仕事で大変です。この春2回目の草刈りと草引きは慣れない体勢での作業ですので、いつも月曜日は手、足、腰に違和感が残ります。まだ、月曜日に出てきますので、いいほうでしょうか。これが、週の半ばに出現では少し考えねばなりますまい。快晴で湿度が低くなると火事が発生します。初夏の気候となると水事故が発生します。この週末は、快晴で初夏の気候でしたので、両方とも発生しました。
南シナ海では不穏な動きがあります。ベトナムでは、中国との件で大規模なデモや暴挙がありました。私どもは、中国とベトナムから実習生を受け入れていますのでいろいろな思いが錯綜していますが、なんといっても穏やかに解決願いたいところです。この夏には、来年3月入国予定実習生の面接も控えています。以前も、この時期中国で混乱がありましたが、面接は予定通り行うことができました。今度の、ベトナムもそうあってほしいです。
最近、我が国も含めて、各地で国間や国内部の小競り合いが起こっています。相手がある以上、お互いに自分の意思通りに行かないことは多々あります。
自分のエゴだけで、ちゃんと収まっていたものを、こねくり回すことはあまり好きではありません。

はいいろ

こんにちは。
奈良県プラスチック成型協同組合のホームページにようこそ。
専務理事の西岡です。

ゴールデンウィークも終わり、各団体では総会のシーズンに入ります。当組合でも、今年は出張総会として大阪市内で24日に開催です。気候的には、昼間は初夏の陽気ですが、昨日あたりの夜は冷え込みました。この時期、夏と思っていても、まだ春の名残もあります。気分的には、はっきりして欲しいです。
例の理研のSTAP論文の問題も、なかなか決着しません。何年後か、何十年後か、何百年後かに本当の決着はつくのでしょうが。単に、昔から科学界で命を懸けた論争があったように、“新しいものが古い人に叩かれる”ということなのでしょうか。全くの、でっち上げでしょうか。少なくとも、同じ組織の管理側は、でっち上げと言っているようです。同じ改ざんも同じ修正も、ある時は善意で、ある時には悪意と言われる。難しいですね。人が人を判断する世の中には、不公平が主流です、当事者にとって、どう考えても納得のいかないことも多くあります。
速やかにかつ慎重に、できれば当事者が確認できる間に真実を示してほしいです。世の中的には、フワーットした灰色決着も好きですが、科学技術の世界では、もやもやした灰色はありません。
プロフィール

奈良県プラスチック成型協同組合

Author:奈良県プラスチック成型協同組合
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR