FC2ブログ

始めよければ


こんにちは。
奈良県プラスチック成型協同組合のホームページにようこそ。
専務理事の西岡です。

各地で、桜の開花宣言も続いています。あと1週間ぐらいで満開でしょうか。高校野球に続いて、プロ野球もスタートです。あの80周年団も、結果的にはいいスタートです。昨年からすると、何という大きな違いでしょうか。ただ、心臓をドキドキさせる手法はいい加減にやめていただきたいです。
28日には、外国人実習生の第1陣として、ホーチミン組が入国しました。関空への午前7時台の集合はこれまた大変です。諸事情もあり、第2陣の中国組が31日に、なんと残りの第3陣は13日になります。去年以上のずれで、集合講習も見直しが必要です。こうも大幅に予定が狂うと、集合講習も2カ月近くになります。
昨年は、ベトナムからは初の受け入れでしたので、企業側も組合も大変でした。特に、実習生は手本になる先輩がいない中での来日ですので、不安や気遣いもおおきかったと思います。今年は、休日の来日でしたので、ある社長は、先輩実習生を連れて来てくれていました。こんな気遣いは、不安を背負っての実習生には、最高のプレゼントだと思います。自社の後輩以外にも他社の実習生とも少し話をしてくれていたようです。多分、こういう形での3年間のスタートが、良好な実習生活を過ごせることにつながるんでしょう。
何事も、順調な滑り出しが重要です。「始め良ければすべて良し」ですかね。
スポンサーサイト



若者の離職



こんにちは。
奈良県プラスチック成型協同組合のホームページにようこそ。
専務理事の西岡です。
甲子園も始まり、春満開です。久しぶりに、玉ねぎの草引きをして、夏野菜用の場所の準備もしましたが、結構、汗ばんできました。空は、黄砂かなんかでかすんでいます。月末から4月頭には、技能実習生も来日します。早いもので、もう28回目の受け入れになります。今は、街中、フレッシャーズでにぎやかです。どの顔も夢いっぱいといった感じです。何か月か経つと、いまいち自分のイメージや想いと合わないことで、離職があります。
今年は、県の助成で「若者キャリア形成促進事業」を実施しました。入社3年以内の若者に、いろいろなテーマでOJT研修を実施し、会社にとって、必要かつキーとなる人材に育つことで、少しでも離職を食い止める趣旨の事業です。25日で終了しますが、計7社が17テーマで延57日間実施しました。
研修の申込みの際に、各社の離職の現状もお聞きしましたが、入社後1年、2年と離職がありますが、3年間が過ぎると、離職者は少なくなっています。プラスチック業界は慢性的な人不足の状況があり、折角獲得した人材を、簡単に手放したくありません。そういった意味でも、入社後3年の間に手を打つことが重要であると、データが示しています。
これまで、後継経営者養成の角度から若者支援をやってきましたが、この事業を終えて、事業承継の立場からも、3年以内に離職を食い止める若者支援といった角度も大いに加味したいと考えています。
石の上にも3年とはよく言ったものです。

桜人気



こんにちは。
奈良県プラスチック成型協同組合のホームページにようこそ。
専務理事の西岡です。
ようやく暖かくなってきました。外で大きく背伸びをすると心地よい暖かさです。桜の芽もようやく膨らんできているように思います。言っても、あと少しで咲きはじめる時期です。皆様の体調はいかがでしょうか。
組合では、今月末に新たな技能実習生を受け入れることになっていますが、チケットの確保に苦慮しています。中国もさることながら、とくに、ベトナムの場合は便数も少なく、また桜人気で観光客が多く、チケット価格も高くなっているうえ確保しづらい状況だそうです。どうやら、ホーチミンとハノイと大連では2週間ぐらいの差が発生するようで、カリキュラムの作成など対応には苦慮しています。
この時期になると、日本中の山や川辺は桜色に染まります。例年、集合講習の合間を見て、近くの公園へ花見のいくことになっていますが、同やら、今年は散り始めの桜見学になる組も発生する様子です。
技能実習では、制度変更が行われようとしています。緩和もある一方でより厳しい監理が求められるようになります。周辺では、すでにそんな態勢になっている感じがします。資格認定にしても資格変更、期間更新も審査に慎重度が増しているように感じます。ちゃんとやっている多くの企業にかくれて、少しの不誠実な企業があるために、全体として、信用を落としている感じで、残念でなりません。やはり、守るべきルールはきっちり守ってほしいです。そんな気がします。審査期間が長くなると、チケットの確保にも多少影響があります。
実習生に、折角の桜見学をプレゼントとしたいと思っていますが、さてどうなりますことやら。
どの実習生にも、日本の桜はいい思い出になるようです。

ベトナム実習生



こんにちは。
奈良県プラスチック成型協同組合のホームページにようこそ。
専務理事の西岡です。
先週3日からベトナムに出張させていただきました。今回の目的は3月末に入国予定の実習生と面談することです。ベトナムには3度目ですが、過去2回では、ハノイとホーチミンを両方訪問しています。両都市間は1600キロも離れていますので、相当なハードスケジュールでした。それに比べ、今回はハノイだけでしたので、少しゆっくりさせていただきました。ただ、ハノイの25~6℃と、奈良の2~3℃との差は、相変わらず年寄りには堪えます。
前回と違って、ノイバイ空港も整備が完了し、ハノイの印象も大きく変わったように感じます。若モノの国の成長は驚くほど速いです。半面、国民には、格差も広がっている空気を感じました。移動中、造成販売中の別荘群も通過しましたが、これは、道路沿いのほんの一部しか生活感はなく、大変な一面もありました。
日本語スクールでは、今月来日予定で特訓中の11名と会うことができました。当然ながら、漢字文化のない彼らにとって、とくに日本語の難しさは想像以上で、何かいい習得ツールの開発が必要かもしれません。日本人がベトナム語に近づけない以上、若い彼らに日本語に近づいてもらわないと、差が埋まりそうにありません。
帰りのハノイ空港では、ひょんなことから若いベトナム女性と知り合いました。昨年5月まで実習生として近畿の工場で実習しており、その縁で日本人と結婚され、いまは花嫁としての来日とのことでした。兄弟が多く、両親に少しでも孝行したいため、実習生を選んだ。日本は素晴らしい、みんな親切だし、ちゃんすればちゃんと暮らしていける。大きな荷物にはお土産が詰まっており、旦那さんのお母さんがのどの調子が悪いので、はちみつをたくさん持ってきたといって笑っていました。日本人の女性は、男の人に強くあたり過ぎだ、もっと優しくしてあげねば、一生懸命働いてくれる旦那さんがかわいそうだともいいました。なんとすばらしい。関空では、ウイングシャトルで離れてしまいましたが、また何かの時には、ベトナム人実習生の力になっていただける気がします。幸せを祈りたいです。
旅は、いつもいいことがあります。
プロフィール

奈良県プラスチック成型協同組合

Author:奈良県プラスチック成型協同組合
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR