FC2ブログ

真剣に技能実習


奈良県プラスチック成型協同組合のホームページにようこそ。
専務理事の西岡です。

11月に入ってのほぼ休日なしの出勤と、11日から始まった10回ほどの外食もいよいよ終盤です。何かいつもより忙しく、いつもより寒く感じています。12月に入れば、忘年会も何度かありますので、気持ちよく仕事ができるよう、しっかりと体調管理をしておかねばと思っています。
今朝(20日)の朝刊には、またまた技能実習のことが取り上げられていました。いろいろな意見のあることは承知しています。しかし、私のベトナムの友人はいつ会っても同じことを真剣に言い続けています。「ほとんどの実習生は日本での実習を通して、技能の習得はもちろんだが、日本流の考え方や生活を体験して、3年後にベトナムに帰ったら人が変わっている。一目で成長が確認できる。このような人がドンドン増えてくれば、ベトナムはすぐに変われる。」この素晴らしい取り組み姿勢が、技能実習制度の本当の姿だと思っています。
習得した技能だけでは、今の母国では活躍のフィールドが限られています。一生涯同じ道をやり通す必要がないかもしれません。それよりも、今のポテンシャルが貢献できる場で活躍できていることがステキです。学んだ専門分野と卒業後の就業分野が違っている事例は山ほどあります。学んだことがいかに将来に貢献できるかが大事です。人が変わって、母国が変われば、やがて、いつか学んだ技能を活用できることになるかもしれません。実習期間のみで、日本のしかもひとり立ちできる技能を習得できるほど、日本の生産技術は簡単ではありません。そう思っています。
機会があれば、真剣に面接をして実習生を特定して、ビザが下りるまで真剣に日本語を学習して、ノイバイで友人や家族に見送られるシーンを取材してほしいです。実習を通じての若者の成長を取材してほしいです。そして、3年あるいは5年後の実習を終了して帰国する際の関空での見送りシーンを取材して、同じ人がどう変わっていくか直接確認してほしいです。そんな記事を書いてほしいです。人材育成とはこういうものだと分かると思います。技能実習制度は、これにあう現実の考え方で理解することが必要です。制度は、現実にあうように変更して頂きたいです。
我々は、成長期の若者の、大事な時期を預かっています。いつも真剣です。
スポンサーサイト



予定通り


奈良県プラスチック成型協同組合のホームページにようこそ。
専務理事の西岡です。

予定通り、外国人技能実習で法改正に伴う監理団体の許可が下りました。私どもでは、以前に全く3級受検がなかったので、特定にとどまっています。近々、3級受検を行いますので、間もなく一般に移行する予定です。
この3連休は、天候にも恵まれ、予定は全てできました。エンドウ(3種類)の種まき、玉ねぎ(3種類)植え、組合敷地の草取り、西吉野での柿調達、新米の精米、洗車、報恩講に備えた仏具磨き、掛け軸の交換、・・・。
西吉野では、いつもの道路が台風の影響で通行止めとの情報があり、遠回りで行きましたが、ナビが役に立たず、案の定迷ってしまいました。柿農家のご主人の先導でようやくいつもの道にたどり着き、いつもの店舗で調達でき、やっと事なきを得ました。後部席の姫は、上下と左右の揺れでジェットコースターの感覚が続き、久しぶりの車酔いの兆候か、少しぐったりです。
今週から来週は、監査と来客処理、3級受検の打ち合わせ、商工まつり、総合センターの100周年、西プラの60周年、代表者交流会、技能検定情報交換会、西プラ奈良支部会との交流懇談会、青年部の勉強会と予定が続きます。
何事も、予定通りはかどると気分も爽快です。愉快な年末を迎えるためにも、予定通り進行することを願う次第です。
プロフィール

奈良県プラスチック成型協同組合

Author:奈良県プラスチック成型協同組合
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR